ツーショットダイヤルはイメージが良くなった近頃がビッグチャンス

エッチな会話のやってはいけない事項で「照れ」があります。照れると通話相手も恥しくなるし、白けます。日ごろ、自分は絶対に言わないようなことでも、全力で言ってみましょう。誤解じゃないか?という見方もありそうですが、電話でセックスを体験している女の人は、貪欲な方より押しに弱い子が多い気がします。
ポジティブな言い方をすれば、サービス精神があると思いますが、ほらをふくことは一般的に歓迎されないようです。どんなシーンでも言えることなので、気をつけましょう。
テレフォンエッチをしたい時に限っては、テレフォンレディーが相手でもOKですね(笑) むしろ上手なので楽しめるかもしれませんヽ(・∀・)ノ。

そういえば、18歳になっていない子とタッチをすると、金銭が発生するしないに関わらず犯罪になるので、間違いなく関わってはいけません。テレクラの約束をする確率の高さの要因に地元率高いことがあげられます。物理的、心理的な距離が近いのでオンナの子も心を許しやすくなるようです。
ざっくり言うと、テレフォンクラブは出会いを求めるひとがオンナの子と電話で話したいを実現させた当時でいうと奇跡の企画でした。地方が異なると、電話番号も変わってくるので、新潟など広い地方の方は間違えないように気をつけましょう。間違えると、せっかくのTELが無駄になってしまいます。90年代、援交が社会問題化するなど、2ショットダイヤルはいまわしいイメージでしたが、現在はだいぶ様子が変わって、衛生的でで明るい印象になっています。
自分の体験からですが、駅の約束はあまりレコメンドできません。その理由は、会ったこともない人同士が口の説明だけで探すのは難しいからです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月8日

カテゴリー:会話のコツ

このページの先頭へ