その発想はなかった!エンコーのおいしいタイミング

90年代前半、K県のY市にコールする有名な常連のヤリマンがいて、コールがつながった方はほぼ即えっちができたそうです。同じような話は他の店舗でもあったのでは?前、出会い系である子にハマって、約1年間やり取りした体験があります。それで会ったら、まったくイメージと違いそれからお互いメール交換がストップしました。テレフォンクラブならこんなことはないですよね。
大げさにいうと現実はどんな女の人でもテレフォンセックスに限っては、平気です。というのも、結局自分好みのおんなの子に脳内変換するからです(笑)!基本事項ですが、おんなの子を脱がせる流れは、初めにくつろがせます。次に軽くカラダを触れていきます。そこでヤル気になってくると声を出すので、それから脱がせましょう。
私がイチオシするギャルをギャップでその気にさせるトークテクニックは、スイーツ好き作戦です。差当たり、数店舗のうんちくを垂れれば、たいていの子はテンションがあがった声の張りになります。

ツーショットダイヤルに電話をかけてくる女性の傾向は、女子学生や会社員、バツイチ女性やフリーターが多い印象です。あくまで体感ですが、、リアルな数字とズレていないと思います。たいていの優良なテレフォンクラブでは、現在のポイントを教えてくれるメニューがあるので、オンナの子とトークする前は、確認しておきましょう。話している途中でポイント切れほど残念なことはありません。
サービスポイントを使って、センターごとの待ち時間を調べたことがあります。コアタイムの繁華街のセンターはとても次から次へとコールがあります。週末は人妻のCALLはグッと減り、年頃の女性のコールが多くなっている気がします。自分は、人妻好きなので、平日派です(笑)
利用者がアピールする要素はトークだけではありません。ウマが合うことだってギャルの心を開くかもしれません。とは言うものの、テクニックとしてそのポイントを口にすることは不可欠です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月3日

カテゴリー:会話のコツ

このページの先頭へ