うとんじられるのは難しい話をするバカ

例えそれが、電話越しにエッチする行為であっても、がさつには脱がすのはいやがられるプレーです。普段のエッチ以上に繊細に言葉を選びましょう。
出会い系しかやったことがない人はツーショットダイヤルをするとアポのハードル低さにびっくりするかもしれません。メールと電話では、最後の一押しの圧力がぜんぜん違ってきます。
会話で気をつけないといけないのは、お相手に興味を持つことです。面白いことを話すかよりもずっと不可欠です。逆に興味を持つことができれば、ナチュラルに言葉は出てくるものです。自分がテレクラで辟易とした気分になるのは、自分の話ばかりするお相手に当たった時です。正直に言って、そういう女性の電話はスグに切ってしまいます。

テレホンクラブが第二の黄金期の原因にほとんどの人が携帯を持つようになったことが推測されます。であるからして、周囲の目を気にしないで時を問わずに話すができるので、確実に会員が急増しています。買物を想像すると分りますが、直接お店で探すのと、ネットで見比べるパターンだと、購入につながるのはどちらか?ということを考えるとテレフォンクラブの即エッチに対するレベルの高さが想像がつきますよね。Eメールの経験がある方は分ると思いますが、イイ感じでやりとりしていたハズなのに、急に連絡がつかなくなるケース。これは相手に冷静になる時間を与えてしまっているからですね。テレクラであれば、その場で待ち合わせまで決めるので即時性が高いです。
前から言われるように遊びに焦りは禁物です。とりわけ初心者の間は伝えるべきことを伝えずに即マンを狙ってしまうから、苦汁をなめます。とりあえず滑り出しは焦らないことを注意しましょう。わたしが推奨する会話術は、なんでも肯定することです。例えば、ソープ嬢でも『人類史上最も歴史のある仕事』など良い点を挙げてその女性の存在を認めます。
舌なめずりしてるだろうなって音はたまらないですよね。時折自分から、「やって欲しい!」とリクエストしてしまいます(笑)。だからテレフォンSEXはやめられませんo(*^▽^*)o。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月25日

カテゴリー:システム

このページの先頭へ