夢を果たす裏ワザ

ツーショットで会ったオンナの子に嫌なタイプの男性を聞くと、常に自慢する人という返事があります。相槌をうってくれていても相手にストレスを与えている場合はあるので、気をつけましょう。
抑えておきたいネタですが、例えテレフォンエッチが目的でも、挨拶からはじめましょう。辛いことですが、中にはいきなり罵声を浴びせる人もいます。そういった人物と違うことを示すためにも挨拶で不安を取り除いてあげましょう。知っているかと思いますが、テレフォンSEXをするなら、携帯は定額制を推奨します。料金を気にしながらコールしても心から楽しめないですからね。
最近は、どこからでもテレフォンクラブが利用できるので、店舗から遠くてツーショットダイヤルが利用できなかった利用者には勝手がよくなっています。テレクラも電話一つの時代が訪れました。出会い系と較べた時のツーショットの安心感て何だろう?と考えると、店舗がある点にいきつきました。仮想空間じゃないから、お店も変なことはやれません。長年のテレクラ経験から、都心のコールセンターよりも地方に電話した時の方が、うまく行くことが多い気がします。地方の子の方が本気で出会いを求めている率が高いからではないかと推測されます。

出会い系しかやったことがない人はテレフォンクラブをするとアポイントメントのハードル低さにびっくりするかもしれません。メールと電話では、最後の一押しの圧力が全然違ってきます。人妻の良いところというと、なんといってもセックスに抵抗がないことが挙げられます。人妻だって告白されると、ワタシは俄然ヤル気を出します(笑)弁護士ってやっぱりイイですよね。ホスピタリティがなんたるかを分っている! こちらが良くした分、自分に返ってくる印象です。言うまでもなく、例外はありますけどWWW
えっちな話をしていればオンナの子を脱がしたくなるものですが、脱がすことに拘ると突然相手が電話を切る確率もあるので、フィーリングを察知して脱がすようにしましょう。シチュエーションプレイはテレフォンセックスの醍醐味です。わたしは天才AV男優役をやりたくてテレフォンSEXを始めました。いまでは1人で衣装を着てオナニーしています(笑)。
矛盾する話ですが、相手の目的を引き出すノウハウは、自分の目標を伝えることです。これが最強の手法だと、個人的な意見ですが確信しています。ツーショットダイヤルでエッチするには、無私の態度をとることです。会ったこともない人で自己中心的な人物であれば、誰も自分の貴重な時間を使おうと思いません。自分が推奨するギャルをギャップでその気にさせるトークテクニックは、スイーツ男子作戦です。ひとまず、3店舗のうんちくを垂れれば、たいていの子はヤル気になった話す速度になります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月8日

カテゴリー:テレクラの歴史

このページの先頭へ