ツーショットダイヤルのヒストリー

電話でエッチのスタイルで「どこに触れてる?」を聞くのはお決まりの形式と言えます。経験者ならば、ここで気の利いたリアクションを見せてくれます。後輩に話が下手だからテレフォンSEXは向いていないという奴がいたので、叱り飛ばしてやりましたWWW 断言できますが、エロい会話に向き不向きはありません。下手なトークも味になるのです(*^-^*)。
本当?って思うけど、ある時普段のようにお相手に何をしたいのか聞いたら、まさかのスカトロ希望!!テンションマックスで約束する場所からホテルに直行しました(^▽^)☆よくどこを褒めたらピッタリか分らないと聞かれますが、いちばんの持上げる手法は、通話相手の人格を認めることです。これはハズレがないので、実践してみてください。
テレホンクラブで女性相手にスポーツ話は禁物です。貴男の戦跡の価値はオンナの子に伝わらないし、電話相手もまず面白いと思わないので、お相手から振られない限りスポーツ話はしないようにしましょう。

昔と較べると、楽になった点は見逃せません。メールする労力を考えると、出会い系よりはるかに便利になったと言えます。テレクラ再ブームの要因のひとつですね。
完璧な女の人はまだ見ぬ女の人という理論はまさに電話でエッチのためにある言葉だと思います。電話のお相手はアナタの頭の中にいます。最高のおんなの子は当人が創造するのです。電話エッチを始めたら、リアルのモラルなんて忘れて、徹底的に格好が悪いことしましょう!日常生活で隠れた本当の私を見せることが楽しむノウハウです。下品万歳!
知っておきたい情報です。2002年にはテレクラを規制する青少年保護育成条例の改正に伴い、テレクラのユーザー全てに対し18歳以上であることを示す身分確認を求めることが義務付けられ深夜0時から日の出までの間のテレフォンクラブとしての営業が禁止されるようになりました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月15日

カテゴリー:テレクラの歴史

このページの先頭へ