いやらしい人妻はエロスがダダ漏れ

基本中の基本電話エッチの小耳に挟んでおいて欲しい情報は、「雰囲気8割エッチ2割」です。つまるところ、一般のセックスと一緒です!テレフォンクラブがビギナーならば、電話でセックスの役立たずだと思って、教えを乞うスタイルが好まれるでしょう。経験者はすぐにビギナーを見抜きます。
個人的な意見ですが、相手の目的を知るためには、慌てないことです。悪くても当人のプロフィールくらいは伝えてからでないと、間違いなく通話相手も目的を決めかねてしまいます。
スマートに話そうとするあまり、無意識で早口になってしまう人がいます。相手にとっては、営業トークをされているような気分になってしまうので、気をつけたいものです。すでにテレクラを知っている人は、昔のイメージで怪しい遊びという印象かもしれませんが、現在はだいぶ様変わりして、出会いを提供するひとつのサービスとして見られています。かつては、テレクラの宣伝というとあえて品のないイメージを使っていましたが、今は、イメージガールに有名タレントを起用してとても清潔なイメージになっています。

テレホンクラブをやっていると、1度はドタキャンの目に合うと思いますが、自分がやられたからといって、他の人にも同じことをするのはやめましょう。テレフォンクラブの文化をつくるのはユーザー個人の意識ひとつです。みなで楽しいテレフォンクラブにしませんか?
当然ですが、思いつくことは無限大です。であるからして、電話エッチも同様に無制限です。大げさにいうと、電話エッチはどんなえっちだって出来ます。電話エッチサイトは、顔写真や簡単なプロフィールからお相手を選ぶところが多いです。個人的には、なるべく情報は少ないほど良いです。顔写真さへない方がイイくらいです。
メールで送れる情報量って話と較べると比較にならないくらい少ないのです。1時間分の会話を300文字のメールで換算すると、想像できない数になります。金額にすると10倍以上の開きが出ますね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月6日

カテゴリー:テレクラの歴史

このページの先頭へ