ニートのツーショット入門

話で気をつけないといけないのは、相手の子に興味を持つことです。何を話すかよりもとても不可欠です。反対に興味を持つことができれば、当たり前に言葉は出てくるものです。
オンナの子と電話がつながった瞬間、頭が真っ白になり話に詰まった経験はありませんか?待機中につかみのネタくらいは考えておくと会話がスムーズになるので押します。
かなりレアなことですが、電話でセックスの話題の展開次第でアポを取ることができるパターンもあります。それで会ったら、夢から覚めたという経験もあるので、注意はしています(笑)

私がテレフォンエッチを好きな理由は、病的なことが出来る点です。たぶん、歴史上初の昆虫とエロスの融合さへ受け入れてくれる包容力があります。男女がプレーする場合のお決まりのカタチは、いわゆるタチとウケです。この設定があると、自ずからセリフも出てきます。滑り出しの5分で主導権争いが済んだら、後は設定に従ってプレーを味わいましょう。
出会い系しかやったことがない人はツーショットダイヤルをすると待ち合わせのハードル低さにびっくりするかもしれません。メールと電話では、最後の一押しの圧力がまったく違ってきます。
ガチャ切りの由来はガチャっと受話器を置くことです。携帯電話ではありえないのですが、電話を突然切られる意味でいまでもも使われています。伝言ダイヤルは声のツールなので、第一印象は声で決まります。だからといって、営業マンのようにハキハキ話す必要はありませんが、声の大きさやトーンに関しては用心が必要です。電話で話すと、意味もなく話を長引かせる女子がいます。そういう場合は、テレフォンレディーの可能性が高いので進展がないと思ったら、バイバイをする判断も考慮しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年12月8日

カテゴリー:援交に関して

このページの先頭へ