トーク次第でアポできるのはテレフォンエッチの長所

昔から言われるように出会いに焦りは禁物です。特に経験ナシの間は伝えるべきことを伝えずに当日の待ち合わせを狙ってしまうから、うまくいきません。とりあえず最初は焦らないことを気をつけましょう。ワタシがお勧めする会話のポイントは、取りあえず良いところは貶してしょうもないところを調子を合わせる手法です。これにより、トークが膨らみを持ちます。
伝言ダイヤルが再ブームの要因に誰もが携帯を持つようになったことが考えられます。従って、視線を気にしないでいつでも遊ぶことができるので、結果的に会員が増えています。スッチーってやっぱり最高ですね。癒しがなんたるかを分っている! こちらが優しくした分、自分に返ってくるイメージです。当然、例外はありますけど(笑)
ツーショットダイヤル利用者の話を聞いていると、失敗する場合で自己紹介もままならない内から会う前提で話をしてしまい失敗することがあるようです。動機がはっきりしているのはOKですが、相手あっての出会いなので気をつけましょう。

ワタシの経験上、エッチができた番組は、ハニートークです。狙い目は、平日の昼間です。入れ食いででらオイシイ感じでしたWWW嫌なことですが、ごく一部でゆすりの被害に遭う方はいます。あまりにも話がトントン拍子で進むようなら少し落ち着いて矛盾点がないか考えて見ましょう。
言うまでもなく、テレフォンセックスならば、何人でも抱き放題です(笑) 現実では、後ろ指さされることもここでは良いヽ(・∀・)ノ!!やってみて分るノリって間違いなくあるからやってみて!
テレフォンクラブでも、優しさのアピールは大事です。もちろん、私は優しいですと言っても効果はないので、態度で示しましょう。一先ず、ミスは狙い目なのでフォローで優しさアピールです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月13日

カテゴリー:援交に関して

このページの先頭へ