電話のテレフォンセックス

ツーショットダイヤルをやっていてイケてると思うところは、相手の気持ちが伝わってくるところです。同じ言葉でもトーンで意味合いって変わってきますからね。気の短い自分や不器用な人にとっては、メールを書くのって難儀じゃないですか?その点電話だと話が早くてワタシの性に合います。電話をする相手でも同じような考えの人は沢山いる気がします。
ツーショットダイヤルのトークのポイントは、なんていっても聞き上手であることです。世の中の不満を言い出したらこっちのモノ。女の子が心を開いた証拠になりますね。
カンタンに言うと、テレクラは「テレフォンクラブ」を略した言葉で、男女が電話を使ってお話をするためのツールです。伝言ダイアルでは、セックスフレンド募集という名目のメッセージが思いのほか多いです。こういうパターンは早い者勝ちなので、即アタック!!

かなり珍しいパターンで、弟プレーをいきなりはじめる方もいるそうです。いくらなんでもそこまでいくと、専用線はないので自らお相手を探すより他にありません。専門性が高いテレクラ業者というと、ハニートークが有名です。かなりコアな会員が集まっているので、サービスポイントで遊ぶのはアリです。テレクラに電話をかけてくる女子の傾向は、女学生やOL、人妻やバツイチ女性が多い印象です。しっかりとした統計はありませんが、、リアルな数字とズレていないと思います。
2ショットダイヤルでどんな声がモテるかというと、オトコの場合は何てったって低い声が良いそうです。これに関しては流行り廃りのものではないので、どうしようもありませんが実態として心に留めておきましょう。
経営スタッフて孤独らしいです。なかでもおんなの子となると、かなり苦しいハズ。ふだん命令をされることはないから、無理してでも男らしくいくと簡単に股を開くかもしれません。変わった視点かも知れませんが、顔見せなしなのはツーショットダイヤルのメリットではないでしょうか?私のように見た目よりトークのユーザーは、とりあえずトークでお相手にイケてるように思い込ませます!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月3日

カテゴリー:援交に関して

このページの先頭へ