円光と伝言ダイヤル

テレクラに電話をかけてくるギャルの傾向は、大学生や事務員、バツイチ女性やフリーターが多い印象です。正確な統計ではありませんが、リアルな数字とかけ離れていないと思います。スマートに話そうとするあまり、無意識で早口になってしまう人がいます。相手にとっては、営業トークをされているような気分になってしまうので、心がけたいものです。
最初からエッチトークばかり話すと、テレフォンセックス希望者以外は突然相手が電話を切る可能性があります。はじめに話すことは、自分に会うメリットを伝えることです。6年前の話ですが、剃毛プレー希望のおんなの子からのコールをゲット!しかしながら待合わせ場所には、丸っ切りカタギではないオトコが。。。焦って時間前に約束の場所に行っていたら大変な状況に遭遇するところでした。
わたしは出張のお供にテレホンクラブをイチオシしています(笑) 何故なら、出会い系よりも即時性が高く、その場限りの出会いを必要としている相手の子が多いからです。

コールで難しい話をするのは、自殺行為です。それによって、誰もがあなたを賢いと思いません。逆に言えば、人は人間関係のレベルが低いと思います。
ラッキーコードは新規利用者がお試しで利用できるサービスポイントを付与してもらうための認証コードです。これにより運営者はどういった宣伝からテレクラの登録があったかをデータ化し、市場分析に利用しています。登録方法は直接電話をかけて、音声に従っていけば難無くできます。ただし、パスワードを聞かれる番組が多いので、事前に覚えやすい4ケタの数字などを決めておきましょう。
電話でエッチには色々なノウハウがあるけど、これだけは言っておきたいのが、何度もやってみようということです。冒頭からイイおんなの子に出会えるとは限りません。1回最後まで体験したうえで評価してもらえると良さが伝わると思います。たぶん最初はどうやったらいいか戸惑うと思いますが、そんな時はそのまま「どうやったらイイ」と素直に聞くのがナイスです。無理して下手なお話するよりは相当にマシです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月15日

カテゴリー:援交に関して

このページの先頭へ