伝言ダイヤルの実態

嫌なことですが、ごく一部でゆすりの被害に遭う方はいます。あまりにもトークがトントン拍子で進むようならいささか落ち着いて矛盾点がないか考えて見ましょう。
相手の目的を知らないでコールを続けていると、結果何ひとつ進展しないでポイント切れになりかねません。気まずくても確実にさせる勇気は必須です。
テレクラが第二の黄金期の原因に誰もが携帯を持つようになったことが考えられます。ですから、人目を気にしないで好きなときに遊ぶことができるので、必然的にユーザーが増加しています。

わたしが地方のテレフォンクラブを利用する場合は、いつも方言を持上げるようにしています。そうすると粗方分りづらい言葉のネタに発展して、明るいイメージになりますよ。話のコツってどこだろう?と考えた時、言いたいことを伝えるのが目標ではなく、気に入られることが目標と言えます。その根本をおさえれば、自ずと手法も見えてきます。会った相手にどんな人が不評を買うかを聞くと、必ず返ってくるのがホラ吹きであること。ハッキリ言って、ウソをつくと一瞬でバレます。
知らないと損をする電話でエッチの抑えておきたいネタは、「ムード8割本番2割」です。つまりは、通常のえっちと一緒です!人頼みの子はテレフォンSEXでマゾになる確率が高いと思います。そういう子と個人的な携帯番号を交換すると、難儀な目に会うかもしれません。出来る限り、サイトを通じた関係をイチオシします。
もし、エンコーを持ちかけられたら、そのまま電話を切る方法もありですが、テレフォンセックスに持ち込もうとするのもひとつの方法です。相手は目的と違うので、一瞬で電話を切りますww会話で相手の特徴が分るのが2ショットダイヤルの長所です。ワタシは、そこで早口になってる子を狙います。早口は焦ってる証拠ですからね。落としやすいです(v^ー°)ひねくれたら考え方かもしれませんが、声だけでコミュニケーションをとるのは2ショットダイヤルのメリットではないでしょうか?わたしのように見た目より会話の人は、とりあえず会話でお相手にかっこいいように信じ込ませます!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月25日

カテゴリー:ラッキーコード

このページの先頭へ